最近Twitterで

#自分を作り上げたパチスロ4選

このハッシュタグを付けて自分の好きなパチスロを投稿する遊びが流行っていました。

今回このハッシュタグが付いているTweetを頑張って約300人分集計して人気機種をランキング化したので紹介します。

本当はもっと集計したかったんですがこの作業が死ぬほど大変で断念しました(^_^;)
300人でも5時間くらいかかったので…。

10位:ミリオンゴッド-神々の凱旋-2015年発売。ミリオンゴッド~神々の系譜~の後継機。
純増3枚のATゴッドゲームで出玉を増やす台。低設定でもGODさえ引けばなんとかなる荒波台。

まだ現役で打てる台ですね。
一撃必殺のGODさえ引ければ設定不問で大勝ちが狙える射幸性の高さが魅力。
攻略要素が多く自分は5号機の中で一番勝たせてもらっている台だったりします。
ライバルが少ないんですよね。設定6の機械割も高いしハイエナも有効で美味しい台だと思います。

今年でお別れは悲し過ぎます。

●たけお的激アツな瞬間
アルテミスの矢ハズレ
どーせガセテミスなんでしょ?と思いつつも物凄く期待します。
裏天国にいけば高設定に超期待!

9位:押忍!番長
2005年発売。番長シリーズの初代機。1ゲーム連チャンの確率が違う2種類のBIGを搭載。
歴代パチスロ史上3位の販売台数を誇る。

当時は吉宗の後継機的な扱いで登場したと記憶しています。
設定6の機械割こそ低いものの、平気で一撃5000枚出たり逆もあったりのジャジャ馬機でした。
設定推測はほぼ無理。設定示唆も非搭載。設定6の機械割107%で勝率60%。
それでもこの台がホールのメイン機種になっていた思うと時代を感じるなぁ。。。

個人的にはろくな思い出が殆ど無い…。
結構な回数打ったと思うんですが、5000枚を超える大勝ちが数回しか無かったんですよねw
そりゃ勝てないわ(台は面白くて好きでしたけど)

●たけお的激アツな瞬間
薫ビッグ中の小役ナビ無し時のウェイト中
これは分かる人なら分かるはず。
一瞬の鳴るか鳴らないかのドキドキがたまらんです。

8位:アナザーゴッドハーデス‐奪われたZEUSver‐
2014年発売。5号機GODシリーズの3機種目。
一撃必殺のGOD揃いさえ引けば設定1でも万枚が狙えるのは歴代GODシリーズと同様。
GG開始時は必ずジャッジメントに突入し、初期ゲーム数を決定する今までのGODシリーズと一変するゲーム性。

僕個人としてはBEST5号機です。

実は看破しやすい設定6、設定6を掴んでも引かなきゃ勝てないゲーム性、ワクワクするBGM。
負けててもGOD引いて逆転勝ち。GOD引けなくてもペルセポネのコンボフリーズが事故って逆転勝ち。
もう最高過ぎます。実機買おうかな。

機械割が高く設定6も看破しやすいのになぜかライバルが少なかったので、グランドオープンなどの設定6が使われる場面でメチャクチャ重宝しました。
もう打てないのが悲しすぎます。

●たけお的激アツな瞬間
GGのハーデスステージスタート
設定6だと設定1の3倍出やすい重要な設定推測ポイント。
午前中に出たら期待しちゃう演出。
あーもう一度これ見たい。。。

7位:パチスロ交響詩篇エウレカセブン
2009年発売。第3のボーナスと呼ばれるARTコーラリアンモードを搭載。
ボーナス+ARTの基礎を作った機種。
人気アニメの版権機種ということもあって当時の5号機のメイン機種に。

好きな人ごめんなさい。
この台あんまり覚えてないんですよね。

実はこの時期あまりにもパチスロが厳しくて稼働がパチンコが中心でした。
でもこの時期に発売されたエウレカ、忍魂、鬼浜があったからパチスロ人気復活があったと思っています。

パチスロ業界を救ってくれたありがとうエウレカセブン。

●たけお的激アツな瞬間
打ち込み足りなくてありません。

6位:バジリスク~甲賀忍法帖~絆
2014年。バジリスクシリーズ第3弾。
純増2.8枚のATバジリスクタイムを搭載。高設定域の甘さから、朝一設定狙いのスタンダード機種に。

この台はそこそこ打ってましたが、生涯収支は約-3万とイマイチでした。
ライバル客が多く台選びがしづらかったんですよねー。
設定も世間のイメージ程分かりやすいわけでは無く苦戦させられた機種でした。
思い出の実践は6ベルが出たのに投資が9万までいった日。最後の3時間で真導術引いて逆転できたあの日の高揚感は凄かった。

●たけお的激アツな瞬間
無双一閃
ボタン出るたびに懇親の力を込めてボタン押します。
真瞳術入った時の音(キュピーン?)が気持ちよすぎる。

5位:大花火/花火百景
1999年発売。名機ハナビの後継機であるノーマル機。
BIG1回で600枚以上獲得できる大量獲得機となっている。
設定1でも機械割100%超え、設定6なら機械割140%と非常に甘い台だが性能を引き出すにはビタ押しの技術介入が必要。

設定6の機械割が140%のノーマルタイプ。
マイジャグの設定6と同じ確率でBIGを抽選してるのに獲得枚数が600枚w
今では考えられないような台ですね。

思い出の実践は大花火の初打ち。
たまたま参加した設定6を探せイベントで設定6を掴んでしまってどっぷりハマりましたw
設定6奪取は生涯で3回。いやあ、いい時代でした。

●たけお的激アツな瞬間
リプレイ外し
ビタミス1回で200枚損する可能性がある今では考えられないくらい緊張感の技術介入。
ミスった時の悔しさはディスクアップの比じゃ無いです。
今でも夢に出てきそう…。

4位:押忍!番長2
2011年発売。押忍!番長の正統後継機。
純増2枚の頂ラッシュと擬似BBのループで出玉を増やす当時としては変則的なスペック。
大ヒット機種となり長期的にホールの看板機種として活躍。

メチャクチャ大好きでした。
破壊力の高い設定6、永遠に終わらないんじゃ無いかと思う頂ラッシュ、初代を踏襲しつつも別の進化を遂げた偉大な後継機かなと思います。
4号機から5号機に移行して、出来ることが恐ろしく限定されている状況で番長らしさを作ったのは凄すぎる。

この台とモンキーターンが無かったらこの時期にパチスロを打ってなかったです。

●たけお的激アツな瞬間
愛の教育的指導
絶頂でお願いします!

3位:吉宗
2003年発売。711枚のBIGがガンガン1ゲーム連チャンする超荒波台。
出玉増加スピードも早く夜21時からでも10万勝ちが射程圏内。
その分大負けも多く、設定狙いするなら過剰表現では無く財布に10万は入れておきたい機種。

自分のNo1パチスロ機です。
あまりにも完成度の高い演出、圧倒的な出玉感、高めの設定6の機械割と文句のつけようが無い圧倒的な名機。
パチスロの怖さも楽しさもこいつが教えてくれた。
吉宗がパチスロ業界に与えた影響はあまりにも大きく、
・ビッグ中に7が揃うといいことあがる
・同じ演出が続くとアツイ
・ビッグ中の曲が選べる
などの機種が爆発的に増えたのは吉宗からです。

●たけお的激アツな瞬間
ダブルナビが同じ小役
小役外れるよね?外れるよね?
ハズレ無くても解除だよね?

2位:パチスロ北斗の拳
2003年発売。大人気漫画のタイアップ機種。バトルボーナスというケンシロウがラオウに敗れるまでREG+ATが続く変則的なボーナスを搭載。
ギネスにも載っている歴代販売台数1位の台。

販売台数は63万台。バジリスク絆の販売台数が5万5000台と言えばどれだけ人気があったかが想像つくと思います。
当時の北斗ブームは物凄く、パチンコを減台して北斗を導入するホールがメチャクチャ多かった。

1階パチンコ、2階北斗、3階その他のスロットっていうホールもありました。
それだけ北斗は本当に人気があったし面白かった。

一度バトルボーナスに入ってしまえば自身のヒキ次第で何とかなる気にさせてくれる名機。

●たけお的激アツな瞬間
2チェ後の32ゲーム
今のスロットと違って強レア役後のガセ前兆が北斗には無いので、この32ゲームのアクションは本当に面白かった。
ジャギステ移行で歓喜。バットの空き缶3つで興奮。ガセ前兆という仕組みが無いからこそ本当に面白かった。

1位:SLOT魔法少女まどか☆マギカ
2013年発売。大人気アニメまどかまぎかのタイアップ機。
マギカラッシュと擬似ボーナスで出玉を増やす番長2に似たスペック。
原作再現度が高くファンからの評価も非常に高い。

まさかこの台が1位とは!!!

原作ファンが喜ぶ演出が多く、ファンの心を鷲掴みにした台。
設定の判別要素が多く個人的にも打つ機会が多かった台でした。人気がある台なので、朝一抽選がいい時しか打てませんでしたが…。

GOD系と違い薄いフラグを引かなくても数千枚くらいなら出てくれる気にさせてくれるスペックも魅力的でしたね。

●たけお的激アツな瞬間
通常ラッシュ
こいつに何度騙されたことか…。

ランキングまとめ

いかがでしたか。

皆さんの好きな台は何位でしたか?

ん?入っていなかった?

ここに入っている台以外にも名機って本当にたくさんありますもんね。

自分もまだまだ好きな台がたくさん。
キングパルサー、南国育ち、戦国無双、2027、モンキーターン、番長3…。

6号機でここに出ている以上に面白い台が出ることを期待しています。