こんばんは。たけおです。

愛姫が全国的に撤去され初めていると聞いています。
自分は撤去は妥当な判断と思っていて、今日はその理由について話します。

愛姫とは??

設定 ボーナス合算 出玉率
1/158.3
96.8%

104.1%
6 1/123.0 106.00%

※設定6以外は3択の押し順に偏りがあり、設定を見抜くことができれば機械割104%を引き出せる変則的なスペック

なぜ撤去されているのか

ホールが利益を取りづらいからです。
要は機械割104%が甘かったんですよね~。
(導入前に気づかなかったのかとは思いますが)

都内有名店のデータから見る104%

104%は打つ価値無しといったTweetをたくさん見ました。
確かに104%は打ち手からすると物足りないと思うかもしれません。

でもホール目線ではどうでしょう?
東京都内の有名店の周年、グランド初日のデータを見て考えてみましょう。

店名 アイランド秋葉原 メッセ武蔵境 ヒノマル錦糸町
状況 周年 グランド初日 周年
全台差枚 77000 293000 78000
平均ゲーム数 6990 6332 6392
台数 377 430 307
ペイアウト 100.97% 103.59% 101.32%

※P-PROJECTのデータを引用:https://slot-data.com/

日本で一番並ぶパチンコ屋であるアイランド秋葉原の周年ですら全体ペイアウト101%もいきません

祭り祭りと言われていたメッセ武蔵境のグランドオープン初日ですら103%程度です。この店はAT中のゲーム数が総ゲーム数にカウントされていないデータ機器なので実質のペイアウトは102%前後ですかね。

グランド初日や周年なのでホールさんは還元するつもりで頑張っているんだと思います。
つまり、東京都内のホールさんからすると102%は太っ腹営業ということです。
東京都内は5.6枚交換です。5.6枚交換ですよ。

まとめ

さて。
判別までに時間がかかるといっても愛姫の機械割は104%。

都内の換金率でもホールの求めている利益が取れないのかもしれません…(^_^;)
打ち手が考えている以上にホールはお客さんからお金を集めないといけなんですね。
等価交換なら尚更かな?

自分は撤去は妥当だと思います。
でも、お店は愛姫をどういうつもりで導入したんですかね。